JIOの瑕疵・完成保証制度

Home > 瑕疵・完成保証について

瑕疵・完成保証について

IDKでは住宅瑕疵担保責任法人、日本住宅保証審査機構(JIO)より、10年間の瑕疵担保責任保険が付きます。

 

安心工事ー土地の地盤調査を義務付け後々のトラブルなし

家が傾いたり、歪んで建具の閉まりが悪くなったり、床がきしんだり、基礎にひびが入ったりとトラブルの元をたどれば、家を支える地盤が軟弱で不動沈下していた事が原因の場合もあります。たとえ家自体の構造がしっかりしていてもこれだけはどうしようもありません。IDKの家は、着工前に地盤調査を義務づけ安心して住める家を建てています。

 

IDKの家は、住宅瑕疵担保責任保険法人(株)日本住宅保証検査機構
「わが家の保険」採用

〈全棟実施中〉

 

地盤調査と、2回の現場検証を通し、「欠陥のない住まい」を実現しています。

構造が見えなくなる前に資格を持った専門家が構造をしっかりチェックします。合格するまで次の工程に進めませんので、ミスや手抜きによる欠陥住宅を未然に防ぎ安心の住まいを提供します。

検査実施時の写真付き報告書をお届けします。


配筋検査

鉄筋の太さや配管が規定通りに組まれているかをチェック

構造体検査

柱や耐力壁、筋交いの位置など主要な構造部をしっかり検査

外壁下地検査 (オプション)

防水テープやコーキング処理など、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査

◆検査に合格して保険付保証明書が発行された住宅はJIOに保険住宅として登録されます。

JIOに登録されたビルダーが行う、完成引っ越し後の10年保証をバックアップするシステムです。

住宅の引っ越しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵については、建築したビルダーが手直し工事をし、JIOも費用をサポートします。

 

(詳しいパンフレットをご用意していますので、ご希望の方はご相談ください。)

 

特徴1 引っ越し後10年間保証をバックアップします。
特徴2 ビルダーが廃業・倒産しても保険金がおります。
特徴3 最高5000万円(オプション)までの保険料を選択できます。

 

 

 

JIO(株式会社 日本住宅保証検査機構)の瑕疵・完成保証登録会社が工事の途中で倒産などにより、工事の完成が不可能となった場合、その建築請負契約を代替履行して住宅を完成させます。

 

料金

105,000円(税込)/1棟(別途「工程進捗確認費用」がかかります) 

料金は登録会社のIDK株式会社にお支払いください。

利用条件 JIOの瑕疵保証検査の申し込みが必要です。
完成保証書 JIOの完成保証を受けるためには、JIOの発行の完成保証書が必要です。完成保証書がないと完成保証が受けられません。完成保証書がお客様のお手元に届いた時点から、効力が発生いたします。
保証範囲

保証限度額 700万円又は請負金額の30%のいずれか低い額

【保証範囲】前払い工事費用と増嵩工事費用

お得な土地情報
新規会員募集中
新規会員募集中
富士産eco断熱
スタッフブログ
ご招待イベント
屋上庭園付き住宅
マイホームスペシャルキット
お問い合わせ