建売り予算で自由プランの家。富士・富士宮の土地探し、建築ならIDK

IDKの家づくり


ツーバイわんずパック屋上庭園のある暮らし資材・工法のこだわり瑕疵担保責任保険について地盤品質保証についてアフターフォローについて

断熱に自信あり!

天然木質繊維 セルロースファイバーを自社製造・施工

富士産eco断熱
セルロースファイバー手

地域の新聞紙を主原料としたエコな断熱材です。
おもにコンビニエンスストアや駅から回収した、未使用の新聞を使用しております。

 
IDKでは、紙づくりの町、富士ならではのセルロースファイバーを使った
断熱材「富士産eco断熱」を自社にて生産、施工しています。
自社工場で地元の業者から集めた新聞を細かく切断し、天然素材のホウ酸を混ぜた断熱材は、
断熱、防火、調湿、防音、防虫に優れ、化学原料を含みません。
この「富士産eco断熱」のおかげで、IDKの家は断熱性能UA値が平均0.64以下。
2016年UA値の静岡県省エネ基準0.87より大きく優れた断熱性能となっています。
 
■断 熱

セルロースファイバーは壁の中に隙間なく吹き込んで施工を行うため、高い密度で充填されます。配管などの障害物で発生しやすい断熱欠損がほとんどないため高い断熱性能を発揮します。
■防 火

新聞紙なら燃えるのでは?という質問もありますが、セルロースファイバーは燃え広がりません。添加されているホウ酸系薬剤の効果によるもので、炭化はしますが、燃え広がるようなことはありません。
■調 湿

湿気が多いとカビやダニが発生しやすくなります。新聞紙、ひいては木質そのものが持つ性能として、湿気の調湿効果が期待できることが挙げられます。高温多湿な日本の気候には最適だと言えます。


■防 音

繊維自体の空気胞と繊維同士が絡み合う空気層のW効果で音を吸収します。密度が高く、やわらかい素材のセルロースファイバーを隙間なく施工することで、非常に優れた防音性能を発揮します。
■防 虫

防虫性能があるホウ酸が添加されています。添加されている微量のホウ素系薬品は、医療などに使用され、人体への蓄積や残留がありません。ホウ酸は海水や土壌など自然界に広く分布しています。
■            
  しずおかレベルをクリアした
   高断熱住宅
平均UA値0.64以下
※H28省エネ基準の断熱性能UA値は0.87(静岡県)です。
(2018年10月)
  富士山

ツーバイフォー

2×4工法(枠組壁工法)

高い耐震性が立証されています

日本の伝統的な木造工法よりも地震に強い工法として知られ、世界でも多く一般に広まった工法です。床・壁・屋根の6面で構成する「2×4工法」は、外部からの力を6つの面で分散・吸収します。特にねじれ・引っ張りの強度に優れている工法といえます。

 

「2×4工法」とは、6種類の規格材のうち「約2インチ×約4インチ(ツーバイフォー)」材を主な基本構造材とすることが、その名前の由来です。

ツーバイフォー


 ■耐震性 
2×4工法では家全体が一体構造となって、外力を面で受け止めてくれるので、地震に対しては高い強度を発揮します。
その合理性は同じ間取りの建物であれば、軸組工法と比べて、1.5~2倍程度の耐震性を有することが出来ることから、優れた耐震性を持っています。
 耐震性
 耐震性


 ■防火性・遮音性

2×4工法住宅は、気密性が極めて高く、火が廻りにくい構造です。壁・床・天井の接点には必ずファイア・ストップ材が使われており、各部屋は完全に区切られて防火区画化されているので他室へはなかなか燃え広がりません。
また壁・天井とも厚い石膏ボードを使用しているため火が構造体に届くまでは時間がかかります。
構成部材が面材であることから、 気密性 が確保しやすくなり、「熱を入れない、逃さない」の魔法瓶状態になるので断熱性能が高まります。また、防音性にも優れています。

■全棟気密測定 

IDKの建物は、C値1.5未満がほとんどです。

気密性の低い家は、外気の影響を受けやすく、断熱性能の効果が薄れてしまいます。ほこりや花粉が侵入しやすくドアや窓をしっかり閉めていても、開いているのと同じようなことに。IDKでは確かな性能をお届けするために全棟気密測定を実施しています。ここまでやっている工務店は非常にまれで、それだけ自信があるからでもあります。
※C値とは、建物の床面積1㎡あたりの隙間面積を表す値で、小さいほど気密性が高いという事になります



3-3
3-4


ページトップ
0120-311-123受付時間 10:00-18:00年中無休(年末年始除く)
〒417-0061 静岡県富士市伝法1335番地
TEL:0545-53-1337 FAX:0545-53-1338